LINK
破産の手続きまでの間は裁判などの法によった要求は認められています。また自己破産に関する書類手続きに入ってから申し込みまでに無駄な時間がかかってしまった際には訴訟を起こされる可能性が高くなります。債権保有人側にとっては負債の返納もされないまま破産のような対処もされない状態であれば会社内での完結処理を実行することが不可能だからです。つまるところ訴訟の結果どういうふうな判決がされようが破産の申立者に借りた額を支払う能力はないといえます。取立人もそういったことは理解しており訴えというような強引なやり方で思惑通り和解に持ち込んで返済させるとか借金者の父母や親族に返金してもらうといったことを狙っている場合もあります。(注意)2005年の1月1日改正の新しい破産法において破産の申し立てをすると差し押さえというような法に基づく要請に関しては実効性がなくなることとなります。そうなると、従前の破産法のケースと異なって訴訟の提起などといったことをやろうとも効果がないと予想されるということで実際に裁判をしたがる債権人はほぼすべて消滅すると思います。そういう面でも西暦2005年1月1日に改正され従来より申請しやすくなったと思われます。督促の際ですと、支払督促という言葉は、裁判所が債務者に向けて債権の完済をするようにということです。普通の審理をする際とは別で取立人の一人よがりな意見だけを受けて進むため普通の裁判のように日にちと費用が大きくならないので、取立人がよく利用する法的手段です。督促の手続きがあったら裁判所から知らせが送られることになり、それが届いてから14日間が経過した場合、業者は債務人の財(給与も含む)に関し差押え処理が可能になるわけです。支払督促に向かって異議をすることが可能ならスタンダードな審理に移ることになると思います。(注)オーソドックスな審議は長期化しがちですので、免責までに判決内容がなされない推測が濃厚になってしまいます。