LINK
破産承認が済んだ場合に、どういう種類の損失、デメリットがあるのかは、破産申立を考慮した人達にとって100%初めに知りたい情報に違いないでしょう。次に破産宣告者が被る損害に関連する並べ書きにしたいと思います。・役所の破産者のリストに載ります。※公の本人証明を作成するためのデータですので普通の人は見ることができないですし、免責の許可がされれば取り消されます。・官報において周知される。※普通の新聞とは違って通常の本屋では販売されていませんし、通常の方々には関連のないことだと考えます。・公法上のライセンス限定。※破産認定者になったとすると法律家、CPA、税理士など資格保有者は資格停止になり仕事ができません。・私法上におけるライセンスの制限。※後見、遺言実行役などになることが不許可になります。他にも合名企業、合資企業の雇用者ならびに株式の会社、有限形式の会社の取締クラス、監査役員のときは退任要素となります。・カードローンやカードを使うことができません。さらに、破産管財人事件のとき下に記載する制約が加えられます。・自分の所有物を維持、売却することが許可されません。・破産管財を行う人や債権人団体の申請により必要十分な弁明をせまられます。・地裁の承認をもらわずに住処の移動や大型の遠出をすることができません。・地裁が止むを得ないと許した場合は捕らえられるケースもありえます。・送付品は破産管財担当者に届けられ破産管財を行う者は転送された送付物を開封権限をもちます。まだ書いていない破産した人の不利益で通常誤認されている点をまとめにしてみます。1戸籍そして住民票では入力されません。2雇用主は破産してしまったことを理由にリストラすることは不可能です。※当人から口にしないかぎり周囲に知られることはありません。3被選挙の権利などの人権は認められます。4保証役でなければ血縁関係者に代返責任などはないです。5日常に大切な家財道具(パソコン、テレビを入れて)着用品などは差し押さえ範囲外です。自己破産人の損失をあげました。破産の申し立てをすれば負債は無かったことになるでしょうが上記の不便性も存在します。破産の申請を検討する上で不便性じっくりと探求した方がよいと考えます。