LINK
特定調停という手段も任意整理による処理と変わりなくそれぞれ債権を持つものに対して支払いを続けていくことを選択した借金を整理する選択肢なのです。分かりやすく説明すると裁判所における負債の整理と考えればいいでしょう。この特定調停という方法も任意整理と似ていて自己破産手続きと異なり一定の借金だけを処理していくことができるため他の保証人が付いている借入金を除いて手続きしていく際や住宅ローンの分以外について整理をしていく場合などにおいても用いることが可能ですし、築き上げてきた資産を処分する義務はないので、投資信託や戸建て住宅などの自分の資産を持っているけれど、手放したくない状況であっても有力な選択肢になる借金整理の手続きです。ただし、手順を踏んだ後返済する額と現実として可能な収入を比較し適度に返済の目処が立てられるようならこの特定調停による手続きで進めるほうが良いですが、自己破産手続きと違って負債そのものがなくなるというわけではありませんので、借りている合計がかなりになる場合には、現実にはこの特定調停という選択肢を選ぶのは難しくなると判断することになるでしょう。あと、国の機関が間に入ってくるので司法書士事務所などに見てもらわなくても不利になるようなことはないということや、お金を削減できるという良いところがありますが貸方からの取り立てに対し債務者自らが対応しなければならない点とか裁判所におもむく必要があるなどといったデメリットもあります。なお、任意整理による方法と比べるとこの方法により和解が成立しないような場合は借入利息をそのまま付けた形で返していくことが求められる点や最終的に債権を持つものに対し払う総額が任意整理による手続きと比較して高くなってしまう傾向があるという点もあります。