LINK
特定調停という手段も任意整理による処理と変わりなく、おのおのの貸方に対して債務の返済を行うことを前置きとした債務の整理の選択のことをいいます。分かりやすく説明すると裁判所が処理する負債の整理と考えればいいでしょう。この手順も任意整理による解決と同じように破産とは違い一部のお金のみをまとめることができるため他に連帯保証人が関与している借金以外だけを整理していく際や住宅ローン以外で手続きをしていく際等においても使用することができますし、全ての資産を処分してしまうことは必要とされていないので、クルマやマンションなどの資産を保有していて放棄したくない場合にも活用できる借金整理の手順といえます。いっぽうで、手順を踏んだ後返済していく額と実際としての給与等の収入を比較しおおむね返済が見通せるのであれば特定調停の手続きを進めることは可能ですが、破産申告と異なり借金自体が消滅してしまうというわけではありませんのでお金の総額がかなりある場合などは、実際にこの方法で手続きを進めることは困難になるといえるでしょう。また、特定調停による解決は裁判所という機関が解決に当たりますので専門家にゆだねなくても不利になるようなことはないことや手続きにおいてのコストを削減できるという利点はあるのですが、各債権者からのわずらわしい取り立てに対し自ら対処していくことになることとか実際に裁判所にことあるたびにおもむく手間を要する等の注意が必要な点もあります。なお、任意整理による手続きと比較してみると同意が得られないような場合は利息をすべて付けた額で返していかないといけないといった点やそれら債務者に対して返す額が任意整理による処理よりも割高になることが多いなどの注意が必要な点もあります。