LINK
自己破産の申し立てまでの時間は裁判という類の法の要求は承認されます。さらに破産の書類手続きに進んでから実行までに余計な時間がかかる際には債権者によって訴訟を起こされる可能性が上がります。債権人サイドにとっては残金の払込もせずになおかつ破産などの正式な処理もなされないといった状態だと会社の中で対処をなすことができなくなります。結局、審議によってどんなふうな裁定がされようが破産手続きの当人に借金を返す資金はないです。業者もそのことは認識していて、訴訟という示威行為で、和解に持ち込み返金させるとか本人の家族や親族に返済させるということを考えている際も存在します。※2005年の1月1日に改正の破産法において破産申請の後は差し押さえなど法的な要請は実効性を失うことになるわけです。そうなると、従前の破産法の時とは異なり訴訟というようなことをしたとしても無駄に終わると考えられるということで、訴訟行為をする取り立て業者はほぼ消滅すると思われます。そういうふうな文脈でも2005年の1月1日に改正となって過去と比べて使いやすくなったと考えられます。返済督促のケースですと支払督促というのは司法が債務者に直接、返済額の返済をすべしという通知です。一般の訴えをするときと違って債権者の一方通行な意見だけを受けて進めるため普通な審議のように期間と裁判費用がかからないので取り立て会社がよく使う法的手段です。裁判所の督促の請求があると裁判所からの督促状が届くことになり、その文書が送付されてから2週間が経った場合、業者は私財(給与も対象とする)に差押え要求が実行できるようになってしまいます。支払督促に対し異議の申請を送ることができる際は通常の審理に様変わりすることになるのが普通です。(補足)スタンダードな訴訟は長期化しがちですから免責が出るまでには裁定がなされない推定が濃厚になります。