LINK

車を手放す場合や、また車両の査定時も印鑑証明というものがなければなりません。過払金を計算してみよう

それではこの印鑑証明に関して説明しましょう。ロスミンローヤル 評判

印鑑証明という書類はある印鑑が実印であるという事実を実証する目的を持つ正式な書類です。

この印鑑証明がなければ使っている印鑑が実印であるということが裏付けられません。

大きなお金が動く商談になる該当する車の売却ですから、必然的に実印が必要になることになりますがそれと一緒に印鑑証明というものが登場します。

印鑑証明書をつくるためには、あらかじめ印鑑証明することが必要です。

印鑑証明に登録する印は通称、実印と呼ばれ唯一無二の印鑑であることが必須です。

実印を手配して自分が住む市町村役場に行けば、印鑑登録の手続きができます。

手続きが終わると印鑑登録カードがもらえて登録が完了したハンコは実印になったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには、市役所などの受付で印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書いて、印鑑登録カードを提示するだけです。

そして、自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのためどんなに前の印鑑証明であっても効力は持続するのです。

しかし車買い取りの際には、必要になるのは現在より3ヶ月以内に交付されたものとされています。

ほとんどの場合期限を定める必要はありませんが車売却のときには、買取先が有効期限を決めているので、仮に自動車売却予定の車があるなら手放す前に持っておく必要があります。