LINK

事故は自損事故と他の人を巻き込む交通事故がございます。

自分自身だけの事故の場合には、自身だけで対応をするだけで完了となりますが、自分以外を巻き込んだ車での事故は互いにどれくらいミスが存在したのかを分析し、その状況によってマイカーの修理の費用や示談金の額かいくらのかなどが決まりますので保険会社の専門家にたってもらい相談が必要です。

多くの車の事故の時相手だけでなく自分にも少しは責任がある場合が多く片方の責任だという時は少ないです。

信号を無視してしまったり一旦停止無視などによって起きた事故はかなり大きなミスになりますが、被害を受けた方にもミスがあると言われます。

自動車の事故の際にはどの運転手の手落ちが原因で起こったかということが物凄くポイントになってくるので、これをみんなに分かりやすく表現したものが《過失割合》なのです。

一例として、先ほど記述した赤信号で進んでしまった、一時停止を無視した状況では、交通法であれば事故を起こした人に全ての手落ちがあると思えますが、この場面でその自動車が正面から来ていて目で確認できる状態だったとしたら事故の被害者でも注意が足りないと10%ほどの責任が指摘される時もあります。

つまりその状況では加害者が9割、事故に巻き込まれた側が1割過失割合と決められ過失が大きいとそれに応じた間違いが問われる事になります。

事故の過失割合は事故の判例をものさしとして判断されることが状況が大部分で日弁連交通事故相談センターから発表されている表がものさしとして利用されます。

このような過失割合で、割合が高ければ高いほど間違い、要するに賠償すべき金額も大きくなってしまうので交渉は本人同士だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方と一緒にきちんとやり取りすることが必要です。